読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はい!『ろくすけ』です!

『ろくすけ』です。。。女3人に囲まれて。。。幸せの日々。。。。そんな感じ。

スポンサーリンク



クリスマスツリーを作ってみよう!

スポンサーリンク


先ほど、洗い物をしながらYouTubeで音楽を聞いておりました。

曲はこれ


聖飢魔II 蝋人形の館 - YouTube



すると



「なんで、こんな曲で皆もりあがってるの?」


ちっ。


お子ちゃまには、わかんね~世界があるんだよ。


お前も蝋人形にしてやろうか!


ぶははははは。『ろくすけ』です。






先日、近くのカインズホームで、「クリスマスツリーを作ろう!」みたいなイベントのチラシを貰ったので、行ってきました。


今回作る見本は、これ。1人300円です。ということで、娘1「まなかほ」2人で600円でございました。



ツリーにつける飾り(色のついたピン)を選びます。丸いピンは20個、星形のピンは5個でした。 娘1「まなか」は、しっかり数えていましたが、娘2「まなほ」は、まだ上手に数えられません。。。



飾りをあらかじめ用意されたツリーに挿していきます。プスプス挿すだけです。簡単ですね。

ここで、デザイン性が問われます。



こちらのまなほも、ツリーにピンを挿しはじめました。 どんなツリーになることやら!?



「できた~」

って、早くないか?



「ほーちゃんも!]

満面の笑みで、写っておりますが

何か変じゃね?



お!? キレイに出来てるじゃん。



あれれ? 裏はないの?



半分に偏り過ぎじゃね?

貧ぼっちゃまツリーだな。。。



次は、指導員のオッサンに、ボンドを貰って 先ほど挿したピンを抜いて、ボンドを付けて再挿入するわけです。



はい、ボンドまみれ。。。



娘1「まなか」、頑張っております。



選手交代!

娘2「まなほ」は、飽きたのでに交代。 飽きっぽいのは誰に似たのだろうか?



あとは、土台を作って。。。



土台を指導員のオッサンに接着してもらって



「完成!」



「完成!(代理)」



お分かり頂けただろうか?

右が、娘1「まなか」

左が、娘2「まなほ」

大人のパワー使って、この完成度!

って、どうなのよ。

ま、なんとか無事にクリスマスツリーが完成したので



ま、いっか。



これが、きっと我が家の玄関に飾られることになるのでしょう。。。

あとは、サンタがやって来るのを待つのみ。。。



って、プレゼントどうすんだ!?



やべ~やべ~。。。



ほいじゃ。。。



スポンサーリンク