読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はい!『ろくすけ』です!

『ろくすけ』です。。。女3人に囲まれて。。。幸せの日々。。。。そんな感じ。

スポンサーリンク



第6回 明日から頑張らナイト! ~ピンクのテイクファイブ~

スポンサーリンク


おこんばんは。


ちゃらら~ちゃらら~♪


元ネットアイドル『ろくすけ』がお送りするネット文字ラジオ。

今夜も『ろくすけ』の明日から頑張らナイト!の時間が

やって参りました。


ども~DJの『ろくすけ』です。


明日はクリスマスイブで明後日はクリスマス。

イチャイチャしてるかい?

俺もイチャイチャして~よ!



それでは、恒例のタイトルコールから!


『ろくすけ』の~


明日から頑張らナイト~!


ナイト~!


ナイト~!


ナイト~!






さて、まずはクリスマスの名曲からいってみましょ~。

この曲は、すげ~から。

何がすげ~って?

まず、唄っているメンバー。

そして、内容。

よくこれテレビで放送してたよな。。。

兎に角、いってみましょ~。




メリークリスマスショー87 take five

どう?

どうよ??


すげ~かっけ~。


ま、この曲の放送当時、僕は9歳。 もちろんリアルタイムで知るはずもなく

初めて知ったのは、たまたま録音していたラジオで流れていたからだ。

たしか浪人生だったな。代々木ゼミナールの代々木校に通っていたあの頃

ラジオで聞いた途端、コレを唱えばモテる!と確信した僕。



当時好きだった女の子に聞かせたくて、必死でギターを練習し、歌詞を覚えた。

当時、携帯なんてなくて、ポケベルだったかな。


「今から電話していい?」

みたいな感じで震える指で勇気を出して最後の#を押してメッセージを送信。


「うん」

の合図で自宅に電話をかける。


親が出たらアウト。当人が電話の前でコールを待つのがルール。

テレクラみたいだね。行ったことね~けど。


そして、憧れのあの子が受話器を手に取る。

「聞かせたい歌があるんだ」

そして、受話器を机に置き、ギターを弾きながら唄い始める。


今宵はクリスマス 君に逢いたかった やりたかった~♪

青筋サオ立てて 雪の降る夜も楽しく~♪

この時、僕は気づいていなかった。

この曲は女の子に聞かせる歌ではなかったことを。。。


(中略)


武骨なたしなみで 君に乗りたかった 食べたかった~♪

くわえて舐めあげて 危ないピンクのTAKE FIVE~♪


よし!きまった!間違えないで歌えたぞ!

そして、受話器を手に取る。

耳から聞こえたのは。。。



。。。



「ツー。ツー。ツー」



マラカリーノ!



僕は叫ぶしか無かった。



マラカリーノ!


マラカリーノ!



え~。あの時、好きだったモトコさん。元気ですか?

初めてのデートの時に、すごくヒラヒラの服を着ていましたね。

後日、ピンクハウスというメーカーがあることを知りました。

その後、僕の唄う「ピンクのテイクファイブ」を途中で辞退されてから口を聞いていませんね。


どうしてですか?



さて、時間もなくなりましたので、そろそろお別れです。

素敵なクリスマスをお過ごしください。。。


それでは、みなさん明日から~


頑張らないと~!


元ネットアイドル『ろくすけ』でした。


ほいじゃ。。。




PINK HOUSE ストロベリー柄長財布BOOK (バラエティ)

PINK HOUSE ストロベリー柄長財布BOOK (バラエティ)

PINK HOUSE 2013 Boston Bag (e-MOOK 宝島社ブランドムック)

PINK HOUSE 2013 Boston Bag (e-MOOK 宝島社ブランドムック)

スポンサーリンク