はい!『ろくすけ』です!

『ろくすけ』です。。。女3人に囲まれて。。。幸せの日々。。。。そんな感じ。

スポンサーリンク



僕を元気にする魔法の言葉。

スポンサーリンク


2日連続の保育参観に出席してきました。

2時間程度立ってただけなのに、足が痛くなりました。

『ろくすけ』です。

 

大丈夫なのかオレ。。。

また歩けなくなるのは勘弁して欲しい。。。

 

 

 

昨日の夕刻、風呂から上がったら家の中で舞踏会が行われていた。

 

 

 

すべての会話に「わよ」が追加され、異様な会話に変化する。

 

「わたしがシンデレラだわよ」

「じゃ、わたしがラプンツェルわよ」

「ちがうわよ、あなたはカエルだわよ」

「カエルいや~だ~わよ~!」

 

何故かこの後、私は悪者役を命ぜられ、娘2「まなほ」に叩かれることになる。

 

えい!(肩パンチ)

や~!(腹パンチ)

 

 

マジで痛いから。

 

 

「痛いからやめてよ~」と言っても

「あなた悪者なのよ?わかってないの?」

娘2「まなほ」だ。

 

 

さて、そんな娘2「まなほ」も年少さんになり、ずいぶんとお姉さんになってきた。保育園に行く身支度も一人で出来るようになってきた。保育園に入ったころは、まだ1歳でほとんど話せなかったんじゃないかな。今じゃ一丁前に自分の言いたいことを言ってくる。そんな娘2「まなほ」は最近、"お下品ワード" が流行している。

  • うんち
  • おしり
  • おまた
  • ちんちん 他

何かにつけて"お下品ワード" を連発し、一人で爆笑している。注意をするのだが、不意を突かれると、こちらも笑ってしまうのだから、怒るに怒れない。

一方、娘1「まなか」も数年前だったかな?同じように"お下品ワード" のブームがあった。今もたまに2人して"お下品ワード" で楽しんでいるが、娘1「まなか」は自分から発言する機会は減ってきたように感じる。恥ずかしいとか出てきたのかなぁ?娘2「まなほ」も、もうちょっと大きくなると変わってくるのだろうか?

きっとオレも小さいころは"お下品ワード" で楽しんでたんだろうな~。

 

 

 

。。。

 

 

 

って、今でも使ってんじゃん。

 

 

使うよ!使う!使うよね~!

 

 

悲し時とか、辛い時とか、怖い時とかさ

「うんこちんちん」

コレを言えば、元気になれる。

 

 

暗い夜道を一人で歩いて怖い時も

うんこちんちん

 

 

怖いテレビを見たあとで、一人でトイレにいく時も

うんこちんちん

 

 

好きな女の子の靴下に穴が開いていた時も

うんこちんちん

 

 

出先で急に雨に降られて傘がなくても

うんこちんちん

 

 

酔っ払って記憶がない次の日でも

うんこちんちん

 

 

すんげ~楽しくなってきた。

 

 

そうだ、僕は今までも困難をこうやって乗り越えてきたじゃないか。

 

恥ずかしい時は、心のなかで叫んでごらん?

元気になれるよ。

みんなで叫ぼう!

うんこちんちん!

 

 

娘1まなかほにもね、"お下品ワード" を止めさせる必要なんてないんだ。何れ人生で必要な時が来るかもしれない。困難に負けてしまうよりも、苦労に逃げてしまうよりも、うんこちんちんを口にして(食べることではない)、乗り越えて欲しい。無暗に止めさせる必要なんてないんじゃないだろうか?っていうか、もっと言ったほうが楽しくなるんじゃないか?

この際だから、"お下品ワード" じゃなくて"お元気ワード" にしたらカッコイイんじゃないだろうか?

 

毎朝、"お元気ワード" で挨拶をする!

うんこちんちん!

 

 

今日も一日お疲れ様でした!

うんこちんちん!

 

 

あ~お腹へった。。。

うんこちんちん!

 

 

 

・・・

 

 

 

ぜって~ダメな気がする

が許すはずがない。

 

 

 

ま~て~よ?

 

 

に怒られても?

うんこちんちん!

 

 

に全否定されても?

うんこちんちん!

 

 

 

だめだ。無理だ。

辛すぎる。怖すぎる。恐ろしすぎる。

想像するだけで、身震いが。。。

 

 

 

◀今日の教訓▶

うんこちんちん < 

 

 

これからは、心のなかで叫んで元気になります。

 

 

っていうか、とんでもね~エントリーになってしまった。。。

 

 

 

ほいじゃ。。。

スポンサーリンク