はい!『ろくすけ』です!

『ろくすけ』です。。。女3人に囲まれて。。。幸せの日々。。。。そんな感じ。

スポンサーリンク



父の日の前日の涙の謝罪。

スポンサーリンク


6月の第3日曜日、それは父の日。

父という称号を与えてもらってから、かれこれ6回目の父の日。

その日は毎年僕にも平等に訪れるわけで。

 

あ、どうも『ろくすけ』です。

 

そんな父の日の前日、いつも通り子供たちを保育園に迎えに行き、風呂に入れ、夕飯の準備をする。その日は土曜日。毎週土曜日は僕が勝手に設定している「刺身の日」。刺身を酒のあてに晩酌を楽しむわけ。贅沢してられる経済状況ではないので、土曜日だけのお楽しみ。買ってきたスズキの刺し身とボイルイカを適当に皿に乗せて、食卓へ並べる。嫁は研修先から戻らないので、娘1まなかほと3人で食事をすすめる。そんな矢先、娘1「まなか」が神妙な顔をしてこちらを見ている。

 

「"うんち" か?」

 

首を横に降るので、どうやら"うんち" じゃないらしい。するとね、その神妙な娘1「まなか」の瞳から涙がこぼれた。

 

「あにょの、あににゃね、おにょうにおねなになにょうにょおにょんな・・・」

 

口の中に食べ物が入ったまま泣きながら喋るので、何言ってるかわからない。しかも嗚咽のサービス付き。とりあえず落ち着かせて、何が言いたいのか確認すると。

 

「明日、おどぉにお手紙書こうと思ったんだけど、大事なお友達に手紙を書かなきゃいけないの。だから、おどぉは我慢してね。ごめんね。」

 

あ~明日、父の日か。手紙をくれようとしたんだね。ふむふむ。友達も大切だから仕方がないか。。。ま、気持ちだけでも嬉しいしな。後日改めてくれんのかな~と期待しながら、と、娘1「まなか」を慰めた。

 

さ~て、刺し身でも食うか~と皿を見ると

 

 

スズキの刺身がね~よ!

 

 

と、横を見ると娘2「まなほ」が最後の刺身の二切れを口に入れようとしている。

 

「お前、刺身全部食う気か?」

 

「じゃ、おどぉに半分こしてあげるね」

 

 

え!?

 

「ありがとうは?」

「あ、ありがと」

「どういたしまして~」

 

なんか腑に落ちない気がするが、仕方がないのでスズキの刺身を一切れ口にする。そして第3のビールを流し込む。うめ~。うめ~よ。たまりませんな。プチ贅沢。じゃ、次はボイルイカだ!

 

ん?なんだこのイカは?ぐちゃぐちゃで原型とどめてね~し。

 

「おどぉ、これ骨はいってるし、噛みきれない」

 

やはり、娘2「まなほ」よ。お前の仕業か。。。スズキの刺身だけじゃなく、ボイルイカまで。。。そして中途半端に噛み砕いて放置。

 

食えねえなら食うな!

 

イカさん。あと2匹しかいないし。悲しいな。。。あいつ、何匹も食わないと噛みきれないの分かんね~のかな?ま、何事にも挫けずチャレンジする心意気は素晴らしいんだけどね。

仕方がないから、娘2「まなほ」が噛み砕いたイカを食うしかねぇ。

あ~虚しい。明日、父の日なのに。。。

 

「あ、そうだ。娘2「まなほ」は明日、おどぉに手紙くれんの?」

 

「あげないよ?」

 

娘1「まなか」 → 泣いて謝罪

娘2「まなほ」 → さらっと「あげないよ」

 

なんなんだよ。この差。

娘2「まなほ」ムカつく! (`´)

 

 

。。。

 

 

さて、翌日。父の日。2階で着替えていると、ドタドタ階段を登る音が聞こえた。

 

「おどぉ!おみあげ~あげるぅ~」

 

お土産?どっか行ったけ?手渡されたビニールの包装の中身はソフトイカとミックスナッツ。酒のつまみじゃん。どうしたのこれ?

 

「ほ~ちゃんイカ食べたいから開けて!」

 

なんだよ。食いたいだけかよ。袋を開けて手渡すと、1階に消えていった。

何だったんだ?

 

1階に降りると、「なんで貰ったものあげちゃうの?信じられない!」って怒っている。「あ~あれは父の日のプレゼントだったのか」と、ここで初めて理解した。改めて娘1まなかほに感謝の気持ちを込めて熱く抱きしめた。「つまみだけかよ。肝心のビールは?酒は?」と思ったが、あとから出てくるのを楽しみにしておくことにする。

 

 

 

 

で、今日現在。

 

やはり手紙はない。

 

ビールもない。

 

ない。ない。な~~~い。

 

やはり父として

まだまだ修行が足りないのだろう。。。

 

今夜は、食いかけのソフトイカとミックスナッツで第3のビール。

 

 

 

 

ほいじゃ。。。

スポンサーリンク