読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はい!『ろくすけ』です!

『ろくすけ』です。。。女3人に囲まれて。。。幸せの日々。。。。そんな感じ。

スポンサーリンク



ラグビーで日本が勝ったみたいだけど、僕はラグビーの話題で苦しくなるんだ。

スポンサーリンク


ラグビーで日本が勝ったんだね。

 

ごめんよ。まったく興味がないんだ。。。

 

どうも、スポーツに全く興味がない『ろくすけ』です。

先日もに野球のショートという守備の位置を聞きました。

何度聞いても覚えられません。。。

ライトとかレフトなら英語から想像できるけど、どちらを向いて右なのか左なのかは自信がない。

 

 

スポーツといえば、僕は中学、高校(途中まで)水泳部でして

泳げもしないのに水泳部に入った中学時代。

理由は簡単。水着。

平泳ぎを泳ぐ女子の後ろばかり泳いでいて、気がついたら自分も平泳ぎの選手になっていた。息を止めての潜水なんて得意だったな~。

 

というわけで、何度も言いますが

スポーツには全く興味が無い。

 

そんな僕が、ラグビーというスポーツの名前を聞いただけで、嫌な過去を思い出し吐き気を催す。ううう。胃も痛い。。。

 

 

そんな昔話を紐解こうと思います。

 

 

僕が嫁「まどっぺ」と結婚する前で、まだ健全なお付き合いをしていた時のこと。

ま、そもそも結婚を前提にお付き合いが始まったんだけどね。

そろそろ親に挨拶いかなきゃね~ってな感じで、お義父さんにご挨拶に行くことに。

事前の予行練習で「お付き合いをさせて頂いてる」だけで「結婚」のキーワードは使わない方向でいくはずだった。

とりあえず日本酒を買って、近くのサイゼリアで最後のロープレをして、戦地に向かったんだ。

 

「お父さんが色々聞いてくると思うから大丈夫」

 

そんな嫁「まどっぺ」の言葉を信じて向かったんだ。

の実家に着くと、大量の汗が顔から溢れだしたのを覚えている。

 

そしてお義父さんの登場。

簡単な自己紹介をし、席につく。

さ~どんな質問されるんだろ?仕事かな?趣味かな~?

な~んて考えてたら、予想外な言葉を頂いた。

 

「今日は何か話しに来たんだろ?さーどうぞ。」

 

まじか~。質問じゃね~し。自ら語れって?

何も話すことね~よ。

 

とか、テンパってるうちに「結婚を…」みたいな方向で話してしまったわけで。。。

一気に結婚に近づいた瞬間だった。

もう、この時汗が噴水のように頭から流れ落ち、に拭いてもらった。

 

で、この後何か会話があったようだが、よく覚えていない。

鮮明に覚えているのは、次の言葉だ。

 

「君の座右の銘は?」

 

へ?座右の銘?ここは面接会場ですか?

予行練習に、そんなの無かったんですけど。。。

 

ありとあらゆる言葉を頭の中からひねり出し

一つの言葉に落ち着いた。

 

「みんなは一人のために、一人みんなのために」

 

小さいころに観た劇団四季のミュージカル「ユタとふしぎな仲間たち」で出てきたフレーズで歌も好きだった。それ以来、この言葉がとても気に入っている。

 

 

劇団四季 ミュージカル ユタと不思議な仲間たち [DVD]

劇団四季 ミュージカル ユタと不思議な仲間たち [DVD]

 

 

これでいっか。

 

と、そのまま答えようと思ったのだが

その当時、ドラマ「ROOKIES」を見てて

「One for all,all for one」

って言葉が出てたんだよね。

 

ROOKIES (ルーキーズ) 表(おもて)BOX通常版

ROOKIES (ルーキーズ) 表(おもて)BOX通常版

 

 

英語のほうがカッコよくね?

 

そんな安易な理由で答えました。

 

「僕の座右の銘は『One for all,all for one』です。」

 

 

するとね。

 

 

「そうか、君はラグビーが好きか~」

 

 

へ?ラグビー?

わけわかんね~よ。ラグビーなんて一言も言ってね~よ。

 

 

「ラグビーですか?よくわからないです。」

 

「君は自分の座右の銘の語源も知らないで

         座右の銘にしてるのか?」

 

ええ。はい。そうですね。

終わったよ。終わりましたよ。

何も考えてね~んだよ。

早く過ぎ去れ、この時間。っていうか巻き戻してくれ。

 

 

「じゃあ、ノーサイドの意味も分からないのかな?」

 

 

「へ?ユーミンですか?」

 

 

「はぁ。。。君は何も知らないんだな。。。」

 

 

 

NO SIDE

NO SIDE

 

 

 

ぴちゃ。ぴちゃ。

テーブルに汗が滴る音が聞こえた。

 

 

 

あ~書いてて病んできた。

初対面から自分の無知っぷりを露呈してきたわけで。

 

 

つまり

僕はラグビーで苦い過去を思い出す。

 

 

ごめんよ。ラグビー。

僕は君のことが好きになれそうもないよ。

 

 

 

ほいじゃ。。。

 

 

 

われら青春! DVD-BOX

われら青春! DVD-BOX

 

 

スポンサーリンク