読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はい!『ろくすけ』です!

『ろくすけ』です。。。女3人に囲まれて。。。幸せの日々。。。。そんな感じ。

スポンサーリンク



いくぜ!社会体験チャレンジ事業!

スポンサーリンク


昨夜、洗濯機の終了音が鳴り、蓋を開け、取り出した僕のパンツは細かい紙のカスまみれになっていた。しばらくパンツを眺め、他の洗濯物も確認してみるも無残な状況だ。

 

誰だよ。

紙をポッケに入れたまま洗濯機に入れたの。

 

 

僕じゃないよ。『ろくすけ』だよ。

全ての洗濯物に紙状のカスが漏れ無く付いてやがる。最悪だ。パンパンして干すと周りが汚れるし、知らんぷりして乾かして、そのまま畳んでしまうと大目玉を食らうのは目に見えてる。正直にに相談すると「乾かしたらポロッと取れるんじゃん?」とか言ってたけっけ。それで今日、乾いたからパタパタしてみたけど

 

全然取れませんのよ。

 

仕方がないので全部コロコロで取ったよ。

裏も表も。2時間かかったよ。2時間!2時間!。

ふざけんな。

最近、娘1まなかほが脱いだものをちゃんと自分たちで洗濯機に入れるようになったので気が緩んでたよ。今日から監視の目を光らせなきゃ。とか何とか言って、今回の犯人は自分だったりして。。。

 

 

。。。

 

 

 

さ~て~と。

先日、某家具販売店に室内の温度計を探しに行ってきた。探しものをするときは、面倒なのですぐに店員を探し、場所を確認することが多い。その日も同じように店員を探した。すると、メガネをかけた少年が、一生懸命に陳列棚に商品を補充していた。少年?もう一度見なおしても確かに少年だった。スポーツ刈り、エメラルドのジャージ、店名の入った少し大きめのエプロン、違和感たっぷりでコーディネートされていた。

 

こいつに聞くしかね~。

 

やっぱ、そうでしょ。どうしても彼に商品の場所と童貞かどうかを聞きたくて、彼に声をかけた。

 

「いらっしゃいませ!」

 

負けた。声をかけようとしたら、先にやられちまった。中学生にしか見えないのに、クソッ。このまま食い下がるのは嫌なので、温度計の場所を確認することにした。

 

「温度計探してるんだよね。時計と一緒じゃなくて、温度計だけ。湿度計も一緒に着いてたら便利かな。」

 

「少々お待ちくださいませ、ただいま係員をお呼びいたします。」

 

お前、係員ちゃうんかい!!

 

って、相手が女性でもないのに何故か胸元を確認すると、「体験中」って書いてあった。「研修中」の間違いじゃね~の?と思ったが、先日聞いた娘1まなかほの話を思い出した。

「今日ね、お姉さん先生きたんだよ~」

ああ、中学生の社会体験か。なるほどね。と、横の壁を見ると「社会体験チャレンジ事業、〇〇中学校」って書いてあった。ほほ~、中学生が社会勉強に来てるんだね。俺が中学生の頃は、こんなのなかったなぁ。。。

正式な係員が来るまで、体験中の中学生と無言で見つめ合っているのも不自然なので、声をかけたみた。

 

「時給いくら?」

「体験中の身ですので、お金は頂いておりません。」

 

まじで?社会体験って、タダ働きなの?働くことだけ体験しに来てんの?働いて、労働対価を頂いて、はじめて労働の大変さとか、お金の大切さとか、お金を稼ぐことの意味とかを学習するんじゃないの?とか思ったけど彼には関係ないので、他の質問を投げかけてみた。

 

「彼女いる?」

「大変申し上げにくのですが、生憎、彼女という存在はおりません。」

 

あ~。そういう言葉使いも勉強してるのね。偉いね~。俺が中学生の頃なんて、そんな言葉使いできね~な。えらいえらい。

 

 

「何でここの家具屋で体験したかったの?」

この辺で、自分が嫌なオヤジになってきた実感が出てきた。正直言って面倒くさいオヤジだ。でも彼は丁寧に答えてくれた。

 

「物を販売する仕事を体験してみたかったからです。」

へ~。すげ~や。そんなこと今どきの中学生って考えるのかね?好きな女の子と、エロ本のことが頭のなかの9割以上を占めていた当時の自分が恥ずかしいゎ。

 

彼は無口だったのか、それ以上会話が進むことはなかったが、彼女はいないということなので、残りの中学校生活で彼女をゲットできることと童貞からも卒業できることを心から応援したい。とか何とかしているうちに、係員が飛んできた。

 

「〇〇君、もう12時過ぎてるよ。お昼休みだからさ。はやく皆のところに行きなよ。」

そう言うと、正式な係員は中学生の彼とどこかに去っていった。

 

 

そして取り残される僕。

 

 

何だったんだ。今の時間は。

 

僕が商品の場所を聞いたことよりも、社会体験チャレンジの中学生の昼休みのほうが優先ということだ。そりゃそうだ。昼休みまでチャレンジ体験させてたら後日ブラック企業だったとネットで叩かれることになりかねない。恐ろしい、恐ろしい。

 

 

そして、また僕は温度計をフラフラ探しにくのであった。

 

 

◀今日の学習▶

社会体験チャレンジ事業は無給だった。

 

飲み物とかお弁当ぐらい出るのだろうか?

ま、僕には関係ないけど。。。

 

 

 

ほいじゃ。。。

 

スポンサーリンク