読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はい!『ろくすけ』です!

『ろくすけ』です。。。女3人に囲まれて。。。幸せの日々。。。。そんな感じ。

スポンサーリンク



ねえ。今、部屋中にバラ撒かれた玩具を見て、途方に暮れているんだ。

スポンサーリンク


あ~女子に囲まれて幸せだなぁ。。。

 

 

と、顔を引き攣らせながら言ってみる。

 

 

何も変わらなかった。

 

 

どうも。『ろくすけ』です。

 

 

さて、今日は娘1まなかほとずっと一緒です。

本来ならば、二人共保育園に言っているはずなのに。。。

そう、遡れば土曜日、そう土曜日なんだ。

 

その日、いつも通り保育園に娘1まなかほは登園した。その後、いつも通り私は整骨院に治療に向かう。そして待合室でひたすら時間を潰し、お呼びがかかるまで1時間ほど、iPhoneを眺めることとなる。そして名前を呼ばれ待合室から治療室へ吸い込まれるように入っていく。その瞬間、iPhoneからお輪のような音が鳴り響き、「キーン」という音とともに、表示された「KDDIに着信あり」に、「ああ、保育園からお呼び出しだ」と感が働くのだ。すぐさまから着信。内容は聞くまでもなく「すぐ帰ります」と返答するのだが、「は?帰ってくる前に迎えに行ってよ!」という厳し言葉に恐縮し、帰り支度を始める。結局、治療もできず娘1まなかほを迎えに行くことになる。どうやら娘1「まなか」が保育園で嘔吐したらしい。現在12時20分。

 

保育園に迎えに行くと、淡々と状況を伝えられ、次週から登園するには「登園許可証」が必要だと最後に付け加えられた。「変な病気じゃなきゃいいけど」と思いながら、娘1「まなか」を抱きかかえ、車に乗せる。一方、娘2「まなほ」といえば、お構いなしに、出来るようになったばかりの鉄棒の技「足抜き周り」を見せつけてくる。「はいはい、上手上手」と、適当にあしらうと、「ちゃんと見て!」と怒られるのは分かっているので、真剣に見る。土曜日の午後は近隣の小児科はほとんど休診。急いで病院に行くこともないのだが、早く家に帰って娘1「まなか」を休ませてやりたい。しかし娘2「まなほ」にとっては関係ないこと。ひたすら回り続けている。見かねた保育園の先生が助け舟を出してくれ、無事に保育園を脱出することになる。

車内でも娘2「まなほ」の横暴は続く。「トトロを流せ!」「トトロ!トトロ!」具合が悪い娘1「まなか」は隣でぐったりしている。そんな中、トトロの曲なんて聞きたくないだろう。しかし娘2「まなほ」のギャオスもうるさいので、小さなボリュームで「となりのトトロ」を流すのだが、通用するわけがない。「聞こえませ~ん!大きくして下さ~い!」「うるさ~い!」と、そんな娘2「まなほ」との攻防が続く中、なんとか自宅に到着。

 

その後、自宅で療養することになるのだが、リビングでゴロゴロしていた娘2「まなほ」が突然鳴き出した。腕を押さえて泣いている。

 

また脱臼だ。

 

というわけで、友達の整骨院で整復してもらうことに。ここで不思議なことを発見。

娘2「まなほ」は何回か肘を脱臼しているのだが、その瞬間は痛がって泣くのだが、その後寝るのだ。

今回もまた寝た。

自己防衛反応なんだろうね。と嫁に伺うと、「なんたらかんたら。うんたらかんたら」と言っていたが、はっきり言って覚えていない。まあいいか。

夜になると娘2「まなほ」も腹痛に苦しみ、発熱とともに翌朝までを苦しめるわけです。

さて、翌日、「頭がいたい~」という娘1「まなか」が家にあったカロナールを飲ませるのだが、その時ふと疑問が。

 

カロナールって解熱鎮痛剤でしょ?現在娘1「まなか」は平熱。

平熱で解熱剤飲むとどうなるの?

 

に聞いてみる。

 

「発熱物質がうんたらかんたら」

 

さっぱりわからね~。聞いてもわからね~。そのあと携帯で調べて

解熱剤は体温を下げるのではなく、熱を高くしている発熱物質を抑える事で熱を下げます

 って、調べたことを読みあげたら

「私のことが信じられないの?(怒)」

って怒られた。ああ怒られた。あはは。ちげ~よ。信じてますよ。一応のところ医療従事者だしね。発熱物質がわからね~から調べたんだよ。まったくも~。すぐ怒るんだからね。

とか、夫婦団欒な日曜日だった。

 

で、今日は保育園をお休みさせて、超元気な娘1まなかほを病院に連れて行った。そう、「登園許可証」をもらいに。

診察の結果、頂いた病名は「胃腸炎」

「こんなんで普通は感染症でもないんだし「登園許可証」なんて要らないと思うよ」とお医者に言われたのだが、でも「登園許可証」がないと登園出来ないんですよね。。。面倒くさいシステムだ。どうにかならんものかね?

 

 

その後も通院は続く。次は整骨院へ

 

 

脱臼のその後。おとなしく治療を受ける娘2「まなほ」

 

 

治療後、実家の母に呼び出され「ほうれん草を」収穫することに。

 

 

いえ~い!

お前ら、今日は保育園休んでるんだから静かにしててくれ。。。

 

 

 

「でっかいの取れたぞ~!」

 

 

 

「取った~!」

 

 

 

ああ、良かったね。良かった良かった。

そんだけ元気があれば、明日から保育園行ってくれ。頼むから。

 

そういえば、9月からの学校が始まって以来

保育園を病欠することが急激に減り、皆勤賞も連続で数ヶ月続いていた。

二人とも休むなんて初めてだなぁ。

家中おもちゃが散乱し、お昼寝もしない、言うことも聞かないし、色々と邪魔はされる。大変だった。

 

って、今頃寝やがった。娘2「まなほ」

 

 

 

あ~、今夜はきっと寝ね~なぁ。。。きっと。。。

 

 

 

今回は、ちょっといつもと違った感じで書いてみようと思ったのだが、途中から娘1「まなか」の邪魔が入り、適当感満載になりました。っていうかいつも適当感満載なのだが。。。とかやってるうちに、娘2「まなほ」は寝ちゃうし。あ~風呂入れなきゃ。夕飯作らなきゃ。。。どうしよう。。。っていうか隙間なくバラ撒かれた玩具たちをどうすりゃいいんだ?どうすれば。。。どうすれば。。。

 

 

ま、いっか。

 

 

ほいじゃ。。。

 

となりのトトロ (エンディング主題歌)

となりのトトロ (エンディング主題歌)

  • 久石 譲
  • サウンドトラック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

スポンサーリンク