はい!『ろくすけ』です!

『ろくすけ』です。。。女3人に囲まれて。。。幸せの日々。。。。そんな感じ。

スポンサーリンク



すばるランドはパラダイスなのか? キャンキャン☆キャンプ!~その4~

スポンサーリンク


金木犀の香りがどこからか、僕の鼻をくすぐりだしました。

 

ん~トイレの香り。

 

あ、ども。『ろくすけ』です。

もう、そんな季節なんですね。。。

 

さて、今回も前回の続きなんですが、これで最終回なんです。

いままで、このブログを読んでいただいた方々に

この場しかないのですが、この場を借りまして

一言、いや二言の御礼を申し上げます。

 

ありがとう。オリゴ糖。

 

 

では、前回の続きから。

www.hi-rokusuke.net

 

怖い話をして、皆を恐怖の底に叩き落として

眠りについたのですがね。。。

僕ら『ろくすけ』一家はメゾネットで寝ていました。

皆が寝静まった頃、突然1階から、大きな話し声が。

 

 

ん!?

 

 

んん!?

 

 

んんん!?

 

 

 

テレビの声だ。

 

 

こえ~。

こえ~よぉ~。

夜中にテレビ勝手についたよ~。

しかも大音量だよぉ~。

誰か。。。たすけて。。。

 

 

と、思ったらテレビを誰かがテレビを消してくれました。

 

 

前日もテレビついたって言うし。。。

怖い話したからか。。。

 

 

ちょ~こえ~。

 

 

 

というわけで、熟睡できず寝不足の朝を迎えました。

 

 

ということで、みんなで朝カレー。

朝カレー最高!

アボガド入れると、うまかった。

 

 

で、今日は最終日です。最後に向かった先は。。。

 

『富士すばるランド』

富士すばるランド | 河口湖にある家族で遊べるテーマパーク

 

 

なんだかワクワクすっぞ。

 

 

 

すばるランドのアトラクションはこちら。

結構面白そうでございます。

 

 

 

で、入り口入るとコイツが出迎えてくれるわけ。

お前、完全にスヌーピーだろ。

 

 

 

「ふじのすけ」という名前らしいが

中身は絶対にスヌーピーな気がする。。。

 

 

 

も、もしや。。。ここは。。。

ぱ、パラダイスなのでは!?

もう、ここの時点で、僕のテンションはMAX!

 

 

 

はい、すべり台。

石鹸水つけたソリで滑ります。

 

 

 

こんな感じ。

娘1「まなか」は、すげ~楽しんでました。

 

 

 

ビビリの娘2「まなほ」

「わ、わ、わ、わ、わ、わ、わ、わ、わ・・・わ!」

「わ」の連発。動画で撮れなかったのが悔しいです。。。

 

 

 

他にも、こんなバギーに乗れます。

 

 

 

天気にも恵まれバギー日和です。

 

 

 

娘1「まなか」は、僕のもとを離れ

映画「うまれる」の監督婦人の朋子さんのもとへ。。。

 

 

 

陽気なふたり。

羨ましいぜ。

 

 

 

映画「うまれる」の監督トモさん、そして「ジョンジョーくん」

この後、ジョンジョーくん」は僕に

「マサカズさ~ん!一緒に乗ろ~!」って優しい言葉をかけてもらいました。

嬉しかったぜ!まじで!

 

 

 

出ました、バンジージャンプみたいなの。

「レンくん」は後ろ周りが上手に出来ました。

 

 

 

娘1「まなか」も頑張りました。

思ったより高くは飛んでなかったけど、楽しそうだった。

娘2「まなほ」は体重と身長制限のため参加できず。。。

 

 

 

で、宥めのソフトクリーム。

食べ物で操る悪い親です。。。

 

 

 

高く飛びすぎる監督のトモさん。

上の木にぶつかりそうでしたよ。。。

 

 

 

それをかき氷食べながら、変な色のベロ競争。

 

 

 

こっちのほうが、舌は長いね。

 

 

 

これは他の場所でも入ったことあるなぁ。。。

 

 

 

こんな立体迷路もあります。

一緒に入りたかったけど、療養中の身なので外で待ちます。

 

 

 

トモ監督と子分たち。

大人でも30分以上かかるっていう話だったのに15分くらいでゴールしてきたよ。

すげ~じゃん!

 

って、思ってたらね。

後から娘1「まなか」に聞いた話だと

トモ監督が、中にいた子供たちに「ゴールはどこ?」とか聞いてたらしい。。。

まじすか~~~。

 

 

それと、この立体迷路の中に顔出しパネルがあったんだって。。。

あ~顔出して~よぉ~!

俺の顔出しパネル。。。

あ~、顔出しパネル。。。ううう。。。

 

 

 

ま、いっか。

 

 

 

 

沢山の自然の中で

 

 

 

楽しい遊具がいっぱいあります。

 

 

 

落書きコーナーもあったけど

は絵の具まみれにならないかろヒヤヒヤしてました。

 

 

 

で、ふと気が付くと

娘2「まなほ」がいない。

 

 

 

やべ~。いね~し。

 

 

 

「何でちゃんと見てないのよ!」

とかに怒られつつ一生懸命探します。

 

 

まなほ~!まなほ~!ほ~ちゃん!ほ~ちゃん!

 

 

 

 

あ、いたわ。

 

 

 

ジャングルジムに登ってた。

 

 

 

いっぱい遊んでくれた「レンくん」とパチリ。

 

 

 

最後のアトラクションです。「し~ちゃん」と向かい合っていた。

 

 

日が暮れ始めたので、そろそろ解散です。

お家に帰りましょう。

というわけで、皆さんとお別れを惜しみつつ

それぞれの家路につくのでした。

 

 

 

この「富士すばるランド」って、何故かスタッフの方々がお年を召した方が非常に多かったんです。つまり、ジジーとババーばっか。もちろん若い人もいましたよ。

でもね、ジジババスタッフが子供たちや、遊びに来た人と触れ合ってる姿は、すげ~輝いてました。目がイキイキしてて、ちょ~楽しそうだったわけ。

年配の方々でも、楽しく働いてる、そして楽しく働けるこのような施設がもっと増えればいいなぁ。。。と本気で思いました。思っただけです。ええ。。。

因みに「富士すばるランド」は年に何回かアトラクションが新設されてるみたいです。

 

 

 

ここ「富士すばるランド」

みんなのパラダイスや~!

 探偵ナイトスクープに出てくるパラダイスとは違ったのが残念。。。

 

 

すげ~楽しかったよ。

 

 

 

で、最後の最後に

今回、このキャンプに誘っていただきました映画「うまれる」の監督ご夫婦には、とてもお世話になっております。この場を借りまして、改めてお礼を申し上げます。

『ろくすけ』夫婦は2010年に公開された映画「うまれる」に出演さて頂きました。この映画の中で娘1「まなか」が生まれるんです。もともと僕は結婚するつもりもなく、子供も欲しいとも思ってなかったんですよね~。で、何故かと結婚して、が妊娠した頃に監督と出会ったんだっけ。父親になる自覚なんて全く無くて、不安も沢山あって、でも監督のインタビューとか受けてるうちに、色々考えて、導かれて、段々と父親になる準備が整っていったのかもしれません。そしてまだまだ、父親としては未熟でございますが、今の僕がいるような気がします。もしかしたら、この映画「うまれる」や、監督やプロデューサーの朋子さんやスタッフの方々と出会わなければ、父親の自覚の持てないまま娘1「まなか」が生まれて、そんな僕に愛想を尽かしては出ていき、娘2「まなほ」は登場しないまま、孤独な人生を歩んでいたのかもしれません。

いや~ほんとに感謝しております。

 

ありがとう。オリゴ糖。

 

映画「うまれる」は、今も全国の上映会で上映されてます。

命がうまれるということ、命の大切さ、家族、色んな物がたくさん詰まってます。

近くで開催されてたら、動く『ろくすけ』を観に行こう!動くも観れます。4組の夫婦のドキュメンタリー映画なので、ご安心を!

 

 

で、「うまれる」シリーズの2作目「うまれる ずっと、いっしょ」も全国の上映会で上映されてます。

こちらの「うまれる ずっと、いっしょ。」にも『ろくすけ』が、ちらっと登場してるらしい。。。

チラリズムは大切です。

 

 

うまれる かけがえのない、あなたへ

うまれる かけがえのない、あなたへ

 

 本もあるよ~。トモ監督の思いが詰まっております。

『ろくすけ』の秘密が書かれているかもよ!?

 

 

 

というわけで

 

 

 

ほいじゃ。。。

 

 

スポンサーリンク